So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

小谷城(4) [お城]

続きです。


小谷城15.jpg


この辺りが本丸になるようです。


小谷城16.jpg


この一段高くなったところに何層かの建物があった、または、鐘丸があったらしい、とのこと。


小谷城17.jpg


けっこう、高さがあります。


小谷城18.jpg


山を下りたら、鷺かな[exclamation&question]優雅に遊んでいました。我々人間は、ヘトヘト…[バッド(下向き矢印)][バッド(下向き矢印)][バッド(下向き矢印)]


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

小谷城(3) [お城]

続きです。


小谷城11.jpg


こちらは、首据石。天文3(1533)年に、初代領主亮政が、敵方に内通していた家臣・今井秀信の首をここにさらしたのだとか。


小谷城12.jpg


桜馬場、と書かれている。御馬屋跡の上方、大広間跡の前にある曲輪、とのこと。建物の礎石も確認されている。


小谷城13.jpg


後ろの供養塔のようなものが何なのかは不明。


小谷城14.jpg


別名千畳敷と呼ばれる、大広間跡。


あと、1回くらいで、小谷城は終わりです。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

小谷城(2) [お城]

続きです。


小谷城6.jpg


虎御前山を臨む。目の前に陣を敷かれたんですね。


小谷城7.jpg


周囲はうっそうとしています。


小谷城8.jpg


かなり上まで登ってきた感じです。


小谷城9.jpg


馬洗池とのこと。


小谷城10.jpg


この辺が馬址のようです。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

小谷城(1) [お城]

菩提山城を回った夜は、垂井町に宿泊、翌朝、小谷城の最寄りの駅「河毛」駅に向かいました。


小谷城1.jpg


駅前には、浅井長政とお市の方の像が。


小谷城2.jpg


駅構内の観光案内所のなかに、このような幟が…[exclamation×2]
おおっ、淡路水軍、脇坂安治[exclamation]
4番槍の脇坂安治は、なんと、小谷出身だったんですね。


小谷城3.jpg


バスで小谷城エリアに入り、ここから徒歩で移動するところ。小谷城の全域は、このような馬蹄型の尾根沿いに展開しています。


小谷城4.jpg


この辺は番所だそうです。


小谷城5.jpg


ガイドさんが説明してくれます。
小谷城がここまで整備されたのは、ひとえに大河ドラマのおかげだとか。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

菩提山城(3) [お城]

続きます。


垂井26.jpg


麓には、菩提寺というお寺がありました。


垂井27.jpg


あと、これは芭蕉の句碑。


「此の山の悲しさ告げよところほり」
凶作の時に、芋を掘り出して飢えをしのいだというこの地方の逸話に対して一句読んだようです。


垂井28.jpg


その付近の鳥居で、完全に一時方向が分からなくなってしまった記念の一枚。無事帰れてよかった!


垂井29.jpg


こちらが、半兵衛さんのお墓のあるお寺です。
しっかりお参りしてきました。(お墓の写真は、本ブログの方に載せています。)


垂井30.jpg


宿泊したペンションのオーナーから、干し柿の差し入れをいただきました。関ヶ原の隣り町で柿って…三成ファン的にアレですが…美味しかったです。(柿に罪はない…)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の5件 | -