So-net無料ブログ作成

長等山前陵 [┣三井寺を巡る旅]

三井寺の目と鼻の先に、長等山前陵がある。

201005041547000.jpg

弘文天皇-天智天皇の息子にして、壬申の乱の敗者、大友皇子の墓所がここにある。
「あかねさす紫の花」公演時、訪れたくて諦めたのがここ。なぜなら、次にこの辺に来る時には、祐飛さん(天智天皇役)は退団しているかもしれないけど、みりお(大友皇子役)はまだまだ在団しているから、次に回そう!と言い合ったのだ。
やめてないし…トップだし…

201005041551000.jpg 201005041553000.jpg

本編ブログにも書いたが、弘文天皇が歴史的に認められたのが明治時代。日本書紀は、壬申の乱勝者の天武天皇の命令で編纂された歴史書なので、大友皇子が即位していた、なんていう記載はない。明治時代にようやく“陵”と認められたので、天皇陵に相応しい広さが確保できなかったようだ。
天智天皇陵を見た後だったので、その無理矢理押し込めた感じが切なかった。

201005041558000.jpg

陵のすぐ裏にある、国宝新羅善神堂。国宝なので入れてもらえない。

201005041604000.jpg

すぐ外は大津商業高校のグランドになっている。右手奥の杜が御陵から新羅善神堂の辺りかと思われる。反対側は市役所だしなー。ほんと場所がなかったんだなぁ。

201005041608000.jpg

おまけの大津絵美人画、藤娘。大津絵は、あちこちにこういうモニュメントがある。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

くろたん

目に鮮やかな緑に癒されましたよー
そして字に興味が有るので 各陵の宮内庁看板の字が皆正確に同じ手に
よって書かれているのが印象に残りました。

私も行ってみたいのですが 公演に追われている内は無理かも知れません。
何しろ歳なので〜
札幌は半日でも何処かを見てきまーす!!
by くろたん (2010-07-03 21:44) 

夜野愉美

くろたんさま
コメントありがとうございます。
なんと、写真帳初コメントです♪
宮内庁看板…同じ字ですよね。どなたが書かれたのでしょうか?気になりますね。
公演も楽しいですが、旅先のこういう出遭いも、楽しくて…。くろたんさまは、全ツ、札幌に行かれるのですか?私…ほんとにどうしようかしら?
by 夜野愉美 (2010-07-11 23:13) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0