So-net無料ブログ作成
┣あかねさす滋賀の旅 ブログトップ
前の5件 | -

大友皇子自害峯 [┣あかねさす滋賀の旅]

石田三成をめぐる旅をしているはずが…

関ヶ原は、徳川家康と石田三成が戦う千年ほど前にも、雌雄を決する場所になったことがあった。
天智天皇の息子である大友皇子と、天智天皇の弟、大海人皇子の間で…。

その結果、負けた側の大友皇子は敗走して自害、その首が首実験の後、埋められたのが、ここ。

画像 287.JPG

画像 286.JPG

画像 292.JPG

すごい厳かな雰囲気の場所で…
大友皇子の冥福を祈りました。前にお墓にも行ったので、よけい親しみやすい。 

画像 296.JPG

この下の方の川は、合戦当時、血で赤く染まったと伝えられている。

画像 298.JPG

画像 300.JPG

三本杉だけ、異様な姿なので、すごく目立つ。
だからここに首級を埋葬したのか、埋葬されているから異様な杉が育ったのか…でも、たしかに樹齢千年を超す樹だなーという感じはした。

近くに不破の関の記念館があり、そこも訪れて、壬申の乱について、再び勉強してみた。


ようやく蒲生野らしき風景 [┣あかねさす滋賀の旅]

駅を出てすぐ道路があった。ここをやたらトラックが通る。
駅の周りは一面の野原だと思っていたのに、いつまでたっても視界は開けない。
焦って歩いているとようやく目の前に一面の野原が…。
タグ:風景

近江鉄道 [┣あかねさす滋賀の旅]

公演の最終地、彦根からJR琵琶湖線に乗って近江八幡駅で乗り換え、そこから近江鉄道に乗る。
蒲生野がある「市辺(いちのべ)」駅は、途中の無人駅だ。
タグ:鉄道

なんとなくあっちかも…と動物的なカンが呼んでいた [┣あかねさす滋賀の旅]

とはいえ、こっち側には期待していた歌碑関係はなさそうだ、と、反対側を見ると、ちょっとうっそうとした感じが、それ風に見え、心配しながらも、なんとか証拠を見つけようと、とぼとぼ歩くことにした。
それにしても、10月も終わりだというのに、暑い…
タグ:風景

神社発見 [┣あかねさす滋賀の旅]

くじけそうになる頃に、なにやら神社を発見!

「万葉歌碑」という石碑に引き寄せられ、横断歩道を渡って神社に足をのばした。

そして境内を進んで行くと、左側になにやら別の世界が…
タグ:風景
前の5件 | - ┣あかねさす滋賀の旅 ブログトップ