So-net無料ブログ作成
┣三井寺を巡る旅 ブログトップ
前の5件 | -

長等山前陵 [┣三井寺を巡る旅]

三井寺の目と鼻の先に、長等山前陵がある。

201005041547000.jpg

弘文天皇-天智天皇の息子にして、壬申の乱の敗者、大友皇子の墓所がここにある。
「あかねさす紫の花」公演時、訪れたくて諦めたのがここ。なぜなら、次にこの辺に来る時には、祐飛さん(天智天皇役)は退団しているかもしれないけど、みりお(大友皇子役)はまだまだ在団しているから、次に回そう!と言い合ったのだ。
やめてないし…トップだし…

201005041551000.jpg 201005041553000.jpg

本編ブログにも書いたが、弘文天皇が歴史的に認められたのが明治時代。日本書紀は、壬申の乱勝者の天武天皇の命令で編纂された歴史書なので、大友皇子が即位していた、なんていう記載はない。明治時代にようやく“陵”と認められたので、天皇陵に相応しい広さが確保できなかったようだ。
天智天皇陵を見た後だったので、その無理矢理押し込めた感じが切なかった。

201005041558000.jpg

陵のすぐ裏にある、国宝新羅善神堂。国宝なので入れてもらえない。

201005041604000.jpg

すぐ外は大津商業高校のグランドになっている。右手奥の杜が御陵から新羅善神堂の辺りかと思われる。反対側は市役所だしなー。ほんと場所がなかったんだなぁ。

201005041608000.jpg

おまけの大津絵美人画、藤娘。大津絵は、あちこちにこういうモニュメントがある。


天智天皇の産湯? [┣三井寺を巡る旅]

この三井寺には、天智、天武、持統三代の天皇が産湯に使ったという、湧水がある。

201005041517000.jpg

豊臣秀吉の北政所、ねねによって、こういう建物が上に建てられ、祀られるようになった。

201005041517001.jpg

中側になにやら、しめ飾りのようなものが見える。
湧水の音は、中でこだまして、神秘的な雰囲気だった。

201005041517002.jpg

なんかいわくありげな石なんだけど…どうして撮影したのか、覚えていない…[たらーっ(汗)]

201005041519000.jpg

弁慶の引き摺り鐘と呼ばれるもので、弁慶が引き摺っている時に、「イノーイノー(関西弁で帰りたいの意)」と鳴いたので、弁慶が怒って谷底へ投げ捨てたと言われている。

201005041520000.jpg

これも三井寺の中の風景。引き摺り鐘を納めてある堂から外を撮影したんだっけな?

201005041528000.jpg

たしか智証大師だったと思います。


三井の晩鐘 [┣三井寺を巡る旅]

琵琶湖疎水とともに歩くこと10分あまり、長等山園城寺に到着!

201005041428000.jpg

こちら、山門です。
園城寺は、天台宗寺門派の総本山。
ここには、近江八景のひとつ、「三井の晩鐘」がある。

201005041453000.jpg

こちらです。
実は、この鐘、金300円で、つくことができます。

201005041453001.jpg

ちょっとロングで撮影。


琵琶湖疎水 [┣三井寺を巡る旅]

天智天皇陵参拝を終えて、再び、京阪電車へ。

201005041317000.jpg

これ、参道に向かう橋のところ。やっぱり、美しいところです。山科陵!

三井寺で下車して、長等山園城寺(通称三井寺)までは、琵琶湖疎水と並行している。

201005041423000.jpg

シリーズ、水門、です。

201005041424000.jpg

こちらも水門。しつこい?

201005041424001.jpg

琵琶湖疎水、こんな感じで流れています。


天智天皇陵 [┣三井寺を巡る旅]

「あかねさす紫の花」全国ツアー公演の時に、行きたくて行けなかった場所を訪れるリベンジの旅、まずは、天智天皇の山科陵に行った。

201005041300000.jpg

天皇陵に入る曲がり角に日時計が。
日本で初めて漏刻(時計)を作った天智天皇ということなのだろう。漏刻は水時計のことではあるが。

201005041301000.jpg

どこの天皇陵にも同じ看板が立っているらしい。

201005041307000.jpg

ここが山科陵。天智天皇が眠っている場所だ。
前回は近江神宮も行ったし、なんだか満足。

201005041308000.jpg

周囲もしっかりと剪定された庭になっていて、整備がしっかりしている。さすが山科陵、ということが後でわかる。

201005041310000.jpg

緑が綺麗だった。


前の5件 | - ┣三井寺を巡る旅 ブログトップ