So-net無料ブログ作成
┣伊勢神宮 ブログトップ

伊勢弾丸ツアー!その2 [┣伊勢神宮]

伊勢神宮は式年遷宮といって、20年ごとに社殿を造って、神様にお移りいただく行事をしている。
ということは、もちろん知っていたが、それって正殿だけでなく、別宮もやっていたのね[あせあせ(飛び散る汗)]

写真帳伊勢1.JPG

こちら、ツキヨミさまの来年以降のお住まいでございます。

写真帳伊勢2.JPG

このまっすぐな道、外宮こと豊受大神宮と月夜宮を結ぶ一直線の道。
綺麗に色分けされているのは、センターを歩いてはダメという意味なのだそうで。
なぜなら、この道は、夜な夜なツキヨミさまが、豊受大神を訪ねて行く道だからで。センターは神様が通るから人は歩いては行けないんだとか。
この道は、神路通りと呼ばれている。ロマンチックな話がついているのね。
ちなみに私は、今回の旅まで、豊受大神が女神とは知りませんでした[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]

写真帳伊勢3.JPG

清盛楠。
平清盛が勅使としてやって来た時、冠に枝が触れたため、枝を切らせたとか。
こんな風に幹が割れてしまったのは、昭和33年の伊勢湾台風の時だったとか聞きました。
ちなみに、清盛ら平家一族は、平氏の中でも、伊勢出身の伊勢平氏の一族なんだとか。ゆかりがあるんですねー!

写真帳伊勢4.JPG

こちらは五十鈴川。川で手水を遣うことができる。
もうすごいヒーリングスポットです、ここ[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]天照大神さまがこの地に住みたい!と思ったのも、納得な場所です[黒ハート]

写真帳伊勢5.JPG

こちらの階段の上が正殿(皇大神宮)。ここだけは撮影禁止らしいです。
階段の下からしか撮影してはいけない。

写真帳伊勢6.JPG

こちらは荒祭宮。
どの神様も、同じ境内に荒御魂を祀る社殿がある。こちらは、天照大神の荒御魂を祀っている。
正しいお参りの方法として、正殿には、表向きのお祈りをして、自分の願い事はこちらの荒御魂の方にお願いをするのがいいんだそうだ。
正殿には、感謝と世界平和を、そして良縁祈願等は荒御魂へ。

写真帳伊勢7.JPG

そして、最後に猿田彦神社にも寄った。
こちらは、佐瑠女神社。芸能の神様。

写真帳伊勢8.JPG

そして万事良い方向へお導きくださる猿田彦大神。砂の中央にあるのは方位盤で、これを触ると縁起がいいんだそうで。

日本の神様にすごく興味の沸いた今回の弾丸ツアーでした!


┣伊勢神宮 ブログトップ